なるほど!豆知識 ―熱帯夜の睡眠について―


熱帯夜の睡眠について

夏_ひまわり

夏、好きですか?

子供の頃は皆、夏休みが待ち遠しかったと思いますが、
大人になると

「暑い!暑い!だるい、しんどい、汗かくのが嫌!」

「夏より冬の方がイイ。」 など

多くの人が言いますね。

私は夏生まれだから?

カンカン照り、サンサンと輝く太陽が好き!

エネルギーいっぱい太陽から貰って自然が育っていく。と思うと
私も元気になるんです。

反対に「冬が苦手。」です。 (寒がりで着こむ、肩が凝る・・・)

夏が嫌いな方、

潜在意識が「嫌い。イヤァ〜!」を増殖させているんじゃないかしら? 

「嫌い」の意識を少しでも払拭して、気分よく過ごしたいですね。

☆「汗をかく。汗をかける。」ということは良いことなんですよ!
 前に書きました。⇒こちら。

☆「暑くて眠れない。次の日、しんどい。。。」
 
 これも良くあること。

 いろいろ原因が考えられますね。

 ・身体に熱が溜まっている。

 ・クーラーの中に一日中居て、身体が休むことを欲していない?

熱帯夜に 寝つきを良くし、質のいい睡眠にするには?

1)寝室は室温26℃、湿度50〜60%が最適!
  ※研究ではこのように云われていますが、個人差があるので微調整を!
  (私は「28〜29℃で、微風、風よけ」にしてます。)
クーラー_扇風機

2) タイマーを使う場合、3時間でセットする。 
  
脳の休息に必要な深いノンレム睡眠が多く現れるのは
  睡眠の初めの3時間だからです。
  扇風機も一緒に活用「首振りモード、上向き」
  体の一か所に冷たい空気を充てると、翌朝、だるくなった経験、ありますよね。
  上向きにすることで
冷たい空気の循環により室内が冷え、
  眠りやすくなります。


3)体温を上げて下げると眠気がやってくる。
  
入浴は体温を上げるので寝る2時間位前に済ませる。
  日中、クーラーの中で体が冷える環境の方は
  38〜40度のぬるめのお湯に浸かることをお奨めします。
  または軽い運動(
ストレッチやジョギング)で汗をかかせ
  シャワーを浴びましょう。

4)脳や神経のクールダウン。
首の後ろを冷やすのはNG!
  日中の仕事などの延長で脳みそが活動のままだど眠れません。
  パソコンやテレビは明るく目から脳を刺激します。
  寝室で
リラックスモードの音楽をかけたり
  神経が落ち着く香りで心も脳も休める。

  頭の後ろ(後頭骨)を冷やすのも効果的。
  保冷剤や保冷ジェルをタオルに包み充てたり枕の上に置くと
  気持ちがイイ!
  ※
首の後ろを冷やすのはNGです。
   そこには大事な血管が集まっていて、
   急激に冷やすことで
血管が収縮して
   血流が悪くなる恐れがあります。


5)眠るモード、パジャマに着替える。
  今から寝よう。』 という信号を脳に送ることでスイッチが変わります。
  着心地のいいパジャマに着替え、
寝室でゆったり リラックス。
  パジャマは窮屈じゃなく肌に馴染み、汗を吸収し、発散させるもの。
 
   main_logo
   
<ワンランク上の薄いパシーマ素材で出来た夏パジャマ集>

  寝ている時に人はコップ2杯の汗や老廃物を出しています。
 
  水
6)寝る前と起きた時にコップ一杯の水を飲みましょう。
 ・寝ている時に汗をかくので
水分不足を防ぐ為、水分補給。
  
・血液の流れがよくなる。⇒疲れがとれる。
 ・臓器や脳の働きが良くなる。⇒目覚めがスッキリ!
 ・便秘解消⇒消化が良くなる。⇒朝ご飯がおいしい!
 ・
肌に保湿効果。美肌になる!

☆質のいい睡眠で免疫力がつき、夏バテにならない体にしていきましょう! 

 

★眠りについて>>  ★かゆみについて>>  ★寝具選びについて>>  ★汗について>>  ★熱帯夜の睡眠について>>  ★夏バテしない食事について>>

★ポポンタブログに お客さまの声や写真を ホームページより先に掲載しています。

 

▲ ページの上部へ