お知らせ
2018/07/03感謝!14年目に思う。

aiding ロゴ

早いもので、7月1日

 

有)アイディングを設立して14年目になりました。

専門学校卒業後、アパレル会社に就職し
まさか、自分で会社を作り代表になるなんて思ってもいなかった。。。

 

2005年2月、パシーマ素材に出合ったことで、
『この生地ならアトピーやアレルギー、敏感肌、赤ちゃんからご高齢の方、
 冷え性・汗かきの方、どなたにも気持ち良く着ていただける。
 アパレル会社で培ったデザイン・パターン(型紙)の技術を活かして
 ぐっすり睡眠で免疫力アップ!元気、笑顔生活のお手伝いが出来たらイイな。』

私の考えを龍宮(株)梯社長(当時は専務)へ伝え、生地(反物)での販売を相談。
こころよく承諾してくださり、会社を作ること、定款、商標登録、
起業に向けてのアドバイスなどもいただきました。

2005年7月1日
アイデアを続けていく(ing進行形)という想いで
aiding【アイディング】という造語の社名を考え、起業。

 

社名・ブランド名 【アイディング】とは

 

いのちにを、一人ひとりの独自性 アイデンティティーを尊重し、
アイディアと技で心地よい衣類を創作し続ける、と言う意味からの造語です。

 

また、人は一人では生きていけません。

皆さんと共にお互い精神面や全てにおいて、助け合いです。
ということでaid(助ける)の意味も含めています。

この考え、姿勢はずっと変わることなく、
私自身が身をもって知っています。

起業後、東日本大震災があり、大阪でも揺れて怖かった。
映像を見て、現実のものとは思えない被害の大きさ。
ボランティアに行きたくて仕方が無く、2012年1月に1ヵ月休ませていただき、決行。

 

阪神大震災1995年に経験していたからその様な気持ちになったのか?

 

命・愛・助けあい

この気持ちは15歳の時に実母が亡くなった経験が根底にあるのでは?と思います。

多くの方々に支えられて今の私があります。

起業して数か月後に元気だった父も手術の甲斐なく他界。

梯社長のあたたかい心に触れました。



ひとりでも多くの方が健康で心穏やかな日々を過ごしていただきたい。

私が出来る事、アパレルで培った技術がお役に立てれば、、、
ネット販売なのでお客様とは対面しないけれど、
お世話になった方々とは違うけれど、ご恩返し、なのかも知れません。

6月18日に襲った、大阪北部地震。
弊社の被害はほとんどなかったですが、
数キロほどの地域では、避難生活をされています。

 

日本列島は災害が多く発生し、
心に覆った悲しみ、怖さ、なかなか克服できない。
寄り添って、思いやりの心で接することが出来たら、、、と思っています。

アイディング元気ウエア 理念と想い

起業時に掲げた【理念と思い】今も同じです。


ひとりでも多くの方に笑顔がひろがり、
健康になってもらいたい!

世界中の人々のお一人おひとりが、
少しでも心明るい日を過ごせます様に、、、

アイディング元気ウエア

14年目も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

アクセス : 241

ご紹介いただくと、双方にポイント進呈

お知らせ一覧
▲ ページの上部へ